聴神経腫瘍が見つかりました

聴神経腫瘍(脳腫瘍)と診断され、入院、手術、後遺症など治療の過程をつづるブログ

聴神経腫瘍【経過観察】腫瘍の大きくなるスピードを確認する

聴神経腫瘍【発覚】良性の腫瘍です のつづき。 

 

2018年12月10日(月)病院の予約が取れ、夫と一緒に診察室で先生から説明を受けました。

 

基本的には、前回私が一人で受けた説明と変わりません。

 

既にもう頭のふわふわもなくなり、私は全くもっていつも通りでした。

普通に元気なのです。

何の症状も無い。(右耳はすこし遠い)

 

普通に元気なのに・・・治療って必要?

そんな状態での診察でした。

 

一通り先生から説明があり、私は一番気になっていた「顔面神経麻痺」の後遺症が起こる確率はどのくらいかを確認しました。

神経との絡み具合にもよるが、だいたい3%前後くらいではないかという返答でした。

 

3%という数字が、私の頭では最早ピンときません。

 

それが、少ないのか多いのか。

「なるかもしれない」という恐怖の方が断然強くて、全く判断できない状態でした。

思考はぐるぐるするばかりで、自分がどうしたいのかの検討も出来ない。

 

しばし沈黙の後、私は、ネットで見た「経過観察」を先生に聞いてみました。

前回は治療方法として挙がらなかった「経過観察」は、ネットで仕入れた情報でした。

 

人によっては、何年もずっと大きくならないままの人もいるらしい。

現在何も症状が出ていないのだから、私の腫瘍も、ほとんど大きくならないかもしれない。

 

すると、先生は「経過観察でも問題ないですよ」とあっさり返答してくれました。

 

16mmという大きさという事もあり、聴神経腫瘍の性質(平均で年に1mm大きくなる)から考えても1年でどうこうという事はないだろうという判断でした。

 

私はひとまず半年間経過観察する事になり、2019年5月にMRIの予約を取って、その日の診察を終えました。

 

脳腫瘍と診断されてから、初めてほっとしました。

半年の経過観察が、腫瘍が大きくならないまま、もう半年もう半年と延びて、10年くらい経過しないかな・・・という淡い期待が生まれ、そしてすぐに頭を埋め尽くしました。

そうだ、きっとそうなるんじゃないかな。

十数年かけて数ミリ大きくなる程度で、死ぬまで経過観察で何とかなるんじゃないかな。そんな甘い事を考えていました。

 

 

↓↓この記事を書いたのは・・・↓↓↓
すみれのプロフィール すみれ
2018年11月、聴神経腫瘍と診断され治療中。
読書・雑貨・手帳・文房具が大好きです♪
目標:毎日笑顔で過ごす。

 

次の記事 ⇒ h聴神経腫瘍【経過観察】通常の12倍